• 小田急江ノ島線藤沢本町6
  • Tel.0466-22-1780

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科

主にスポーツによって起きた運動器(骨、筋肉、関節、神経 など)の損傷を中心とした診療科になります。なお当院のスポーツ整形外科は、日本整形外科学会、日本医師会が認定するスポーツ医でもある院長が担当します。

スポーツによって起きたケガのことをスポーツ傷害と言い、スポーツ中にいきなり大きな外力に見舞われて組織が損傷してしまったケガや、骨折、腱の断裂、内ばなれ、靭帯損傷などがあります。またスポーツを続けていくことで、一定の部位に繰り返しの負荷が加わり続けることで発生する疲労骨折や腱鞘炎などの組織損傷があります。

主なスポーツ障害

骨折、疲労骨折、腱断裂、靭帯損傷、肉離れ、筋断裂、筋挫傷(筋打撲傷)、骨の変形、腱炎、腱鞘炎、靭帯炎、関節の不安定性、習慣性脱臼、筋炎 など

コンディションチェックから競技復帰・再発予防まで

またスポーツ整形外科では、単にスポーツ障害の治療にのみ注力するだけでなく、ケガや障害によって妨げられた運動機能を回復させるサポートも行っています。具体的には、医師の診断に基づいて、当クリニックに在籍する理学療法士(PT)と一緒になってリハビリルームにおいて、競技復帰までのリハビリテーション(筋力強化、ストレッチング、運動動作指導 など)をはじめ、再発予防を目的としたリハビリも行っていきます。

さらに、成長期のお子さんがスポーツ傷害の場合には、今後の成長に悪影響が及ぶことがないよう、早期に発見・治療を行うことが重要です。治療にあたっては、コーチと親に説明し、理解してもらうことも重要です。 再発予防のリハビリテーションもしっかり行うようにしましょう。その際は正しいフォームを身につけることから始めていきます。

部位別に見るスポーツ障害

部位 スポーツ障害
頸部 頸部(頚髄、頸椎)損傷、バーナー症候群
肩・上腕 野球肩、水泳肩、上腕二頭筋長頭筋障害、肩峰下インピンジメント症候群
胸部 肋骨疲労骨折
肘関節、
前腕
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、尺骨疲労骨折
手、指 スキーヤー母指、槌指
腰部 脊椎分離症
大腿 大腿骨疲労骨折
骨盤、
股関節
骨盤裂離骨折、坐骨結節骨端症、大腿骨頸部疲労骨折
脚の
筋肉
肉離れ・筋断裂、筋挫傷
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼、離断性骨軟骨炎、ジャンパー膝、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オズグッド・シュラッター病、シンティングラーセン・ヨハンソン病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折
アキレス腱断裂、足関節捻挫(靭帯損傷)、シーヴァー病、アキレス腱炎・周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折、舟状骨疲労骨折
仲野整形外科 スポーツ・ウェルネスクリニック

0466-22-1780

診療科目
スポーツ整形外科・整形外科・リハビリテーション科
院長
仲野 靖司
住所
〒251-0021
神奈川県藤沢市鵠沼神明5-14-15
アクセス
小田急江ノ島線藤沢本町駅 徒歩6
休診日 木曜・日曜・祝日
土曜の午後は14:00~17:00
診療時間 日・祝
09:00~12:30
15:00~18:30